×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食事制限 リバウンド率

食事制限のリバウンド率は80%!?無理なダイエットが招く危険性

食事制限 リバウンド率

食事制限ダイエットによるリバウンドの確率は80%という恐ろしい数字がある。 なぜリバウンドは起きるのだろうか。 それには2つの原因ある。 まず一つ目は「ホメオスタシス」という体の機能にある。 極端な食事制限をすると最初はすごく効果を感じることができる。 しかしその後は、なかなか体重が減らなくなってしまう。 これを停滞期という。 停滞期は体に必要なエネルギーが少量しかはいってこないことから、 体が生命の危機を感じている状態である。 その際にエネルギー消費量を減らして、 元に戻ろうとする力が作用することを「ホメオスタシス」という。 この力が働きエネルギー消費量が減るので体重がなかなか減らなくなるのだ。 さらにダイエットをやめても「ホメオスタシス」は機能している。 だから消費エネルギーは減少し痩せにくくなるし、 エネルギーをより吸収しやすい太りやすい状態になる。 2つ目の原因は「レプチン」という満腹感を感じさせる物質にある。 食事の量を減少させると、レプチンの分泌も比例して減少する。 レプチンが減少すると、体が飢餓状態だと脳が判断し、栄養を貯めろと指令を出す。 さらにダイエットを止めても、レプチンの量が戻るには1か月かかるので、 満腹感を得られにく状態になってしまう。

リンク集|

Copyright © 食事制限のリバウンド率は80%!?無理なダイエットが招く危険性 All rights reserved